申し訳ありませんが、まだデータがありません。

敏感肌な人の足

postheadericon 化粧水のスキンケア

乾燥肌対策の化粧水によるスキンケアは、ミルフィーユ塗りがポイントです。
これは、化粧水をこれでもかと付けるスキンケア法です。
やり方は、まずは、洗顔後に乳液で肌をやわらげていきます。
乳液は、肌の表面を柔らかくする効果があるので、水分を浸透しやすくなります。
そのあとに手のひら全体で、顔を包むようにローションをつけていくのです。
いったん付けて、それでもまだ不足している感じがするなら、再び乳液を塗り化粧水を塗ることを繰り返します。

敏感肌な人の手

postheadericon 空気の乾燥

特に寒い冬になると、乾燥肌で悩む人が多いです。
なぜお肌が乾燥してしまうかというと、寒いと空気が乾燥するからです。
また寒くなると、汗も皮脂も分泌が少なくなり、皮膚を防御してくれる天然の保湿クリームが少なくなっていきます。
ですから、冬になると乾燥しやすくなるのです。
また最近では、夏でも乾燥肌の方が多くなりました。
これは、エアコンによって湿度が低くなっている部屋に長時間いるからです。
その他にも、ストレス・睡眠不足によっても乾燥は引き起こされます。

放っておくことは危険
乾燥した肌をそのままにしておくと、老化の原因になります。
そもそも健康な正常な肌は、皮膚表面の角質層に水分がしっかりと保有されています。
ですから、外からの刺激から守り、皮膚内の水分が失われないようにするバリア機能があります。
一方、乾燥肌は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により、角質の水分含有量が低いです。
この状態を放置すると、外部からの刺激を防御できないので、肌荒れが進んでシワの原因になります。
ですから、きちんとケアする必要があります。

スキンケア方法 
乾燥肌のスキンケア方法は、まずスチーマーや蒸しタオルで肌を温め、毛穴を開いていきます。
肌が温められたら、化粧水をつけていきます。
化粧水はとろみのあるものを選ぶと、ぐっと肌のカサつきは緩和されていきます。
化粧水を付ける際は、手のひらだけで馴染ませずに、肌の奥まで浸透させるように心がけます。
化粧水で肌が潤ったら、乳液やクリームで油分を与えて水分の蒸散を防ぎます。
ポイントは、手のひらに乳液を広げて、手で顔を包み込むようにすると浸透が高まります。

敏感肌な人の顔

postheadericon 乾燥肌の問題点

ニキビや肌荒れ、しわやシミなど多くの女性は何かしらの肌トラブルに悩みを抱えています。
そんな肌トラブル、実は肌質に大きく関係していることを知っているでしょうか。
乾燥肌やオイリー肌、敏感肌など、肌質にもいろいろなものがありますが、最も注意が必要なのが乾燥肌です。
というのも、乾燥というものは肌には天敵で、それが原因でニキビができやすくなったり、結果的にくすみや肌のたるみが発生してしまう可能性があるのです。

化粧水の選び方
そんな肌トラブルを引き起こす可能性の高い乾燥肌ですが、それに適した化粧水を使用することで症状を改善、予防することができます。
化粧水には含まれる成分や効能に様々なものがありますが、乾燥肌の人にお勧めしたいのが保湿効果の高い化粧水です。
肌に水分を浸透させるだけでなく、浸透させた水分を外部に出さないようカバーする効果も必要になってくるのです。
どんなに高い化粧水を使っていたとしてもそれが乾燥しやすい肌に適したものでなければ意味がありません。

スキンケアの方法
乾燥しやすい肌の場合、毎日のスキンケアにも注意が必要です。
洗顔後のスキンケアは当然ですが、あまりに乾燥がひどいという場合には、化粧をする前、寝る前といったようにこまめなスキンケアが必要になってくるのです。
もちろん、何度もスキンケアをしたからといってすぐに状態がよくなるというわけではありませんが、毎日継続的につづけていくことで肌の状態は格段に良くなっていきます。
様々な肌トラブル、乾燥に悩んでいるという人は一度試してみてください。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031